過ぎ去るもの

 

ひたすら寝ても眠く、それは朝きっちりと起きてみなと同じようにそれなりの時間を仕事に費やしているからなのだがこの一ヶ月間何もしていなかったのでこのサイクルにうまく体が馴染めずに日中もそれ以外の時間もとにかく空き時間に恐るべき眠気が襲ってくるのであり、しかしとんでもない寒さのために暖かく安心して眠ることはできず、辛うじて目覚めているのだった。

このところ毎日自炊とやらをしてしまっているが、特に料理が好きではなかったはずなのに自分で飯を作り食べるという行為は健康的で、行きたくもない飲み会に金や時間を費やすことよりも自分にとっては地味なこの生活が非常に有意義だ。ただあまり人と口をきかなくなった。その必要がないのとただただいつも疲れているからだ。

それにしても仕事が始まりまるっきり本を読まなくなり、仕事柄活字に触れる機会は多いがそれは読むというよりなんだろう、まあとにかく仕事なのでたとえ本に触れていたとて心は休まらず、この土日にはたっぷりと本を読む行為をしたいとは思うが絶対に眠ってしまうだろう。今一番したいことは日が差す部屋で眠ることなのである。

 

寒い寒いと言いながらあたたかいスープを作って飲んで、自転車を漕いで職場に向かう。今日は雨だからカッパを着て行ったが別にここまで頑張る必要はないわけだ。ああ面倒くさいと思ったらすべてを終了させる意気込みで、無気力で、前に倒れるように進んでいかなければと思う。12月だがことごとく予定を空けていて、予定のない12月が嬉しいなあ。ああ嬉しい。スケジュールは空白でいることがのぞましい。その日によって塗りつぶすことができるからだ。無理をしないで生きようねえ、無理だと思ったら逃げましょうねえ。手がかじかんで冷たいので恋人の手を握りたいなどと思うが今は隣におらず、隣にいないことが当たり前なのだけれど一度温かさと覚えるともう一度その温かさを思い出してしまう、思い出せてしまう。こんなものは覚えなければよかったなあそうしたらもっとたくましくなれたのに、などと嘆いていたらそんなものはあらゆるものに通用するのでまったく無意味なことなのだけれども。

クリスマスソングを聞くタイミングがわからずまったく聞いていない。このままクリスマスが頭上を真横を真上をそこらじゅうを通過していくのだろうか。あっという間に正月で、わたしは正月の真ん中にポツンといつまでも腰を降ろしていたいのだ。